現在完了の基礎になる経験用法の使い方

現在完了の経験は「~したことがある」という意味の英文を作る時に使います。
肯定分はhave 過去分詞とシンプルですが、否定の場合は他の現在完了と違ってhave never
形をとります。haven'tと間違ってすると他の現在完了と混乱して意味がわからなく
なってしまいますので、注意しましょう。
意味がわからないと相手は想像するしかないですが、ネイティブはそれは苦手なのです。

ただ経験を使わなくてもonceを過去形の文章に入れることで「かつて」という意味 になり「~したことがある」という経験とほぼ同じ意味合いを出すことができます。 必ず現在完了に頼る必要があるわけではありません。このように2種類の言い方で現在完了の経験を表すことが できるのです。onceを知っておくのが一番簡単な方法と言えるのでしょう。



A: Have you ever taken a trip to America ?
B: No, I have never taken a trip to America. But I have visited France.
A: That's very nice.

A: take a trip to America
B: visit France

1. A: see "Harry Potter"
B: read the original

2. A: eat American Fried Chicken
B: eat American tasteless steak

3. A: talk with Mr. Sato
B: talk with Ms. Sato

4. A: go to Australia
B: go to New Zealand

5. A: invest in stocks
B: buy the funds

6. A: meet a big name
B: see stand-up comedians

Practice

1.

2.

3.

4.

5.

6.

美鶴:今日は現在完了の経験です。「~したことがある/ない」という経験の表し方です。 まずはテキストの例題をみてみましょう。

A: Have you ever taken a trip to America ?
B: No, I have never taken a trip to America. But I have visited France before.
A: That's very nice.

A: take a trip to America
B: visit France before

愛子:ついにきましたか。。。これ中学の時に英語を挫折するきっかけになった やつです。全然理解できなくて。。。英語ってこういうのが本当に嫌なんですよね。 一か所こういうのがあると全部がどうしても嫌になっちゃう。。

美鶴:今のレベルなら絶対に理解できます。 現在完了は3種類あり、それぞれに特徴があります。 1つずつやりますが、今回は「経験」です。

作り方は

主語 have/has P.P. 肯定(~したことがある)
主語 have/has never P.P. 否定(~したことがない)
Have/Has 主語 ever P.P.? 疑問(~したことがありますか?)

です。わかりやすい英会話教材にも登場する英文法です。

愛子:haveの後ろにP.P.なんですね。前やったto have P.P.と似てる。。

美鶴:あれは全く別物と考えて下さい。単なるhave P.P.は現在完了です。 このhaveは助動詞なんです。一般動詞ではありません。

まず肯定文の「~したことがある」、は単にhave P.P. 次に否定文ですが、これに経験の特徴があります、助動詞ですが、haven'tとせずに 必ずhave/has neverとします。こうしないと他の現在完了とごっちゃになるからです。

最後にHave/Has 主語 ever P.P.? これもeverを必ず入れることに注意しましょう。Have/Hasが頭に出てくるのは 助動詞の疑問文だからです。

He can ….がCan he…?になるのと同じです。

愛子:これだけですか?

美鶴:はい、これだけです。結構単純でしょ?昔ひっかかっていたのは 恐らく他の現在完了との区分けができなかったからだと思います。 各現在完了ごとの特徴的な単語、経験ならneverとeverなどをきっちり押さえれば 難しくはありません。 よい英会話学校 でも教える文法です。

愛子:「~したことありますか?」をDid you…?ではおかしいですか?

講師:ちょっとおかしいです。直訳すると「~しましたか?」ですね。 普通のDid you….?の疑問文では「~したことがありますか?」と経験を尋ねることは できないんです。肯定文や否定文にしても同じです。

あと、もう1つ。「~に行ったことがある/ない」に関しては必ず過去分詞の部分をbeen にして下さい。goは使いません。使わなくもないのですが、ないと考えて結構です。 なぜそうなのか、という部分は考える必要はありません。 「そんなもんだ」で結構です。

それではテキストをみてみましょう。

A: Have you ever taken a trip to America ?
B: No, I have never taken a trip to America. But I have visited France before.
A: That's very nice.

A: take a trip to America
B: visit France before

まず私がAさんの上の動詞使って「~したことがありますか?」 と尋ねます。疑問文はHave you ever P.P.なので、Have you ever taken a trip to America?

これに対して、まず疑問文で聞かれた内容をそのまま否定文にして返して 下さい。動詞などはそのまま使えばよいですね。 否定文はhave never。なので、No, I have never taken a trip to America.

次に下のBさんの部分です。「ではどうしたことがあるのか」の動詞以降を書いて いますので、これを使って「~したことがある」にして下さい。 肯定文はhave P.P.なので、But I have visited France before.です。

それでは1番からいってみましょう!

(まずはBさんからやり、その後にAさんをやって下さい) <上のやりかたで練習問題の、1~6を変形させましょう。解答は下をどうぞ。>


相互リンク
後遺障害


美鶴:Have you ever seen "Harry Potter"?

愛子:No, I have never seen "Harry Potter". But I have read the original.

美鶴:正解。「ハリーポッターは見たことがありますか?」「いいえ、ハリーポッターは見たことがありません。でも原文なら読んだことがあります」ですね。

それでは次はどうですか? Have you ever eaten American fried chicken?

愛子:No, I have never eaten American fried chicken. But I have eaten American tasteless steak.

美鶴:正解。「アメリカのフライドチキンは食べたことがありますか?」「いいえ、アメリカのフライドチキンは食べたことはありません」「でも、味のないステーキなら食ったことがあります」 ですね。

愛子:これ、私も経験しました。ソースの味しかしなかったんです。 野菜食べても肉食べてもソースの味だけでびっくりしました。 いい店にいけばちゃんとしたのがでるんでしょうが。。。これも一つの文化の違いですね。 留学に行った私の友達は帰ってきたときにものすごく太ってました。

美鶴:そうですね。私は経験がありませんが。。。アメリカに行った人からは これをよく聞きますのでちょっと問題にしてみました。 それでは3番にいきましょう。 Have you ever talked with Mr. Sato?

愛子:No, I have never talked with Mr. Sato. But I talked with Ms. Sato.

美鶴:OK.「佐藤さん(主人の方)と話したことがありますか?」「いいえ、佐藤さんとは話したことがありません。でも佐藤さんの奥さんとは話したことがあります」ですね。

それでは4番。Have you ever been to Australia?

愛子:おっと、これですね。No, I have never been to Australia. But I have been to New Zealand.

美鶴:正解。意味的にgoとテキストに入れていますが「行ったことがある」はbeenでしたね。 それでは5番は? Have you ever invested in stocks?

愛子:No, I have never invested in stocks. But I have bought the funds.

美鶴:正解。invest in「~に投資する」、stockは「株」です。後ろのthe fundsは「国債」と いう意味です。国債という意味では、theがいるのとfundsと複数とします。 意味は「株に投資したことがありますか?」「いいえ、株に投資したことはありません。でも国債を買ったことがあります」です。

それでは最後。Have you ever met a big name?

愛子:No, I have never met a big name. But I have seen stand-up conmedians.

美鶴:正解。ちなみにbig nameは想像できますか?

愛子:大きい名前。。有名人ですか?

美鶴:はい、その通りです!では、stand-up comediansは? ヒントはコメディアンはコメディアンでも立って仕事をするコメディアン。 関西が有名です。

愛子:お笑い。。。違う漫才師??

美鶴:正解。漫才は立ってしますね。なので、このように表されることが あります。よく漫才を知らない外人には、これだけだとちょっと足りないので、細かく説明しないといけませんが。。。 ちなみに落語家はa comic story tellerと言われます。「面白い話をする人」が直訳です。 まだ海外では落語事体知られていないのが実情ですが、説明するときはこのように説明するのが一番でしょう。 細かいことを聞かれたら、Japanese traditional comic story tellerのように伝統的な、という言葉を付け加えると よいです。

愛子:ふ~ん。。色々あっておもろいですね~ちょっとずつ覚えます! 色々と言い方があってむつかしいんですね。一気には無理なので、でるたびに覚えていくようにします。

美鶴:さて、それでは今度は私が日本語で問題を言いますので英語にしてみて下さい。

<上のやりかたで練習問題の、1~6を変形させましょう。解答は下をどうぞ。>

問題
1.彼とは一度も飲んだことがない
2.大病を患ったことがありますか?(大病⇒serious disease)
3.彼の上司と会って、話をしたことがある
4.社内旅行に参加したことがない

解答
1.
2.
3.
4.

愛子:否定文。。。。I have never drunk with him.

美鶴:正解。否定文なのでhave neverですね。では2番は?

愛子:Have you ever got a serious disease? getを使っていいですか?

美鶴:正解。いいですよ、getで。「患う」と日本語は難しいですが、要するに「ゲットする」 「手にいれる」ということですからね。患う、というのにドンピシャの英単語はあり ますが、難しい単語なので、会話でも実際には使いません。ですので、getなど簡単な 単語でおきかえることが多いのです。 他にもHave you ever suffered from a serious disease? でsuffer from「~で苦しむ」を使っても似たニュアンスですね。あとは訳の問題 ですからね。

それでは3番は?

愛子:I have met and talked with his boss.

美鶴:正解。肯定文なのでhave P.P.だけですね。

愛子:meetはwithはいらないんですか?

美鶴;いりません。入れると「会談する」という意味になりちょっとここでは 変ですね。前置詞は不必要に入れると意味がずれるので注意しましょうね。 talkはwithが必要です。

それでは最後は?

愛子:I have never joined our company trip.

美鶴:正解。否定なのでneverです。

愛子:ほんとに難しくありませんでしたね。かなり緊張してたんですけど。。。

美鶴:1つ1つ確実に潰せば難しくありませんよ。 ただ、これが1文に経験と完了が入る文章などを作る時に1つ1つがしっかり できてないとチンプンカンプンな文章になってしまいます。

経験否定文のneverにしても疑問文のeverにしても1単語ですが他の現在完了と 区分けるための重要な語です。忘れないようにしっかり復習しておきましょうね。

それでは本日はこれまでです。 次回は「現在完了 完了」です。 それではお疲れ様でした。

現在完了は全部で3つあります。完了、経験、継続の3つでそれぞれにどの現在完了か わかる部分があるので、そこから実際の英会話でもどの現在完了か識別します。小さい 違いのようで大きな誤解のもとになりますので、しっかり一つづつ抑えていきましょう。 英語には間違っても大きなミスにならないものと、ほんの些細なミスで大きな誤解のもとになるものがあるのです。 経験は一番簡単な部類に入る現在完了です。

日記
気づくとあちこちでクリスマスの準備が始まっています。 カップルには出費が多い時期ですね。 私は去年、一昨年は行きつけの居酒屋でツリーをぼんやり眺めて たそがれてました(笑) ちなみにアメリカと日本ではクリスマスと正月の過ごし方が逆ですね。 日本ではクリスマスを恋人や友達と過ごし、正月は家族とですが、 アメリカではクリスマスは家族と、正月は友達などと向かえることが 多いようです。



相互リンク